埼玉での外構工事は、家の外観を決める大切な役割があります。また塀やフェンスなどは建物が風雨にさらされるのを防ぐ機能も果たします。塀やフェンスなどの外構工事は直接風雨にさらされるため、定期的なメンテタンスを必要とするものです。アパートやマンションの場合は、国が定める法定耐用年数に応じてリフォームする必要も出てきます。外構には様々な材料が使用されますが、メーカーが定める耐用年数もあります。個人所有の戸建住宅では法定耐用年数の適用を受けませんが、商業施設やマンションなどの外交は適用を受けることになります。

公共の安全性と原価償却

国が法定耐用年数を定めているのは、公共物の安全性を確保するためです。また、埼玉のアパートやマンションなどの所有者に対して、償却資産に固定資産税を課す意味もあります。償却資産は、土地や家屋以外の事業用資産と定義できます。それゆえ償却資産の所有者は、償却資産の内訳を管轄の税務署に申告する必要があります。外構は構造物に分類され、舗装道路や庭園、門や塀などが含まれます。例えばゴミ置き場や自転車置き場の耐用年数は7年となります。
一方メーカーが定める耐用年数は、個人住宅の外構やエクステリアに関するものが一般的です。それは定期的なリフォームやメンテナンスの参照にするものです。鉄筋コンクリートやステンレスのフェンスは、約20年の耐用年数となっており、木造の塀になると約10年と短くなります。素材や構造によって異なるので、リフォームをする際には注意が必要です。国税庁が定める耐用年数も、素材や構造によって細かく分類されています。外構工事のカテゴリーでは、構造物として用途別に分けられます。そこからさらに、素材に応じて細かく分類されることになります。用途では、広告用や舗装路面、運動場や緑化施設などが挙げられます。

素材や用途によって分類

国税庁が定める法定耐用年数では、素材によっても外構工事が細かく分類されています。鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造、コンクリート造やコンクリートブロック造などに分けられるわけです。その他れんが造や石造、金属造や合成樹脂造、そして木造など素材に応じてカテゴリー分けされます。駐車場や舗装道路なども、外構工事を行っていれば構築物に該当します。加えてフェンスや庭園、自転車置き場なども構築物となり、法定耐用年数の適用を受けます。
耐用年数は資産の種類をはじめ、構造や用途によって分類されます。それゆえ同じフェンスや車庫でも、戸建住宅とマンションでは適用が異なるわけです。さらに素材ごとに耐用年数は違うので、埼玉のアパートやマンションの外構工事には注意が必要です。但し舗装路面や舗装道路などは、素材が異なっても同じカテゴリーに分類される場合があります。コンクリートやブロック、レンガや砂利などは一律15年が耐用年数です。但し例外もあり、アスファルトなどは10年と短く設定されています。築年数の古い建物では、外構工事の内訳が不明瞭なこともあります。そうなると、一括で外構として税務申告するしかありません。それ以外は、アスファルト舗装や駐輪場、塀やゴミ置き場など分類するのが良いと言えます。

外構ごとの法定耐用年数

埼玉の外構工事の分類を細かく行うことで、取り壊しや改修の時期を正確に把握することが出来ます。特に改修の場合は、次の改修時期を決める上での参考になります。それは建物や外構の安全性につながるだけでなく、少額の減価償却資産の対象になる可能性もあります。減価償却方法には定額法と定率法があります。一般的には定率法の方が減価償却費が多くなります。住宅ローンに関しては、原則として土地や外構工事はローンの対象外となります。ただし建物の建築と同業者に依頼した場合、外構工事も住宅ローンの対象にすることが可能です。
住宅用の法定耐用年数としては、アスファルト舗装が10年となっています。鉄筋コンクリート造のフェンスは30年で、コンクリート造のフェンスは15年です。因みにレンガ造のフェンスの耐用年数は25年で、意外と長いのが特徴です。反対に木造のフェンスは短くなり、10年と定められています。但し鉄材などが組み込まれていれば、20年に伸びるケースもあります。素材による分類では、フェンスやカーポートに使われるスチールの耐用年数は15年となっています。因みに、庭木などは緑化施設及び庭園のカテゴリーに分類され、耐用年数が20年となります。

まとめ

外構の法定耐用年数は、素材や用途に応じて分類されています。法定耐用年数に該当しない場合は、メーカーの耐用年数を参考にするのが一つの方法です。それでも埼玉で外構工事を依頼する際には、現状を専門業者に見てもらうことが肝心になります。また確定申告をおこなう際にも、専門家に相談して外構を適切に分類するのが安心です。外構工事の費用や施工方法は、工事会社によっても異なります。大切なのは比較検討することで、複数社に見積もりを依頼することが肝心です。現在は無料の見積比較サービスもあるので、簡単に複数社の見積を比べることが可能です。

PRサイト
埼玉で外装工事をご検討の方へ